ダイエット(減量)成功を目指して!


最新ダイエット人気blogランキング




ダイエット効果

本サイトでは、ダイエット効果を人気トップ10のダイエット方法に絞って調べています。

ですが、その前にダイエット効果を把握するための指標が必要になりますね。

ここまでは

  ダイエット=減量

というイメージで話を進めてきましたが、もちろん中には

  ダイエット=増量

という目標設定をしている方も居られる筈です。

いずれにしても、皆さんの身体をトータルに把握して、その上で何をすべきかを判断するためにもダイエット効果を把握するための指標を整理しておきましょう♪






■サイト メニュー■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ダイエット効果的
効果的に進めるために欠かせないポイントについて…

 バナナダイエット効果
朝バナナに人気が集まっていて、その効果のほどを…

 豆乳ダイエット効果
豆乳の減量効果に対する実力を総合的な観点から…

 クッキーダイエット効果
ここ最近手軽さがウケているクッキーの効果について…

 ダイエットサプリメント効果
各種多様なサプリメントについて部位と効果の関係を…

 豆乳クッキーダイエット効果
特に人気の高い豆乳クッキーの効果と口コミから見た…

 ウォーキングダイエット効果
運動を採り入れた減量として人気の高いウォーキングの…

 酢ダイエット効果
ヘルシーで減量効果も高い酢の上手な活用方法と効果…

 骨盤ダイエット効果
注目の骨盤矯正が生み出す効果とそのメカニズム…

 キャベツダイエット効果
満腹感を活かしたキャベツの…

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




指標として「体重」「BMI」「体脂肪率」「メタボリック指標」を取り上げてみます。

ただしこれらが全てではありませんし、これらを「絶対的な値」として意識してはいけません。

これらの指標から「どのようなことが分かるのか」について簡単に整理して見ましょう。


まず、簡単に毎日確認できるのは「体重」です。

ですが、これだけで判断することはあまりに短絡過ぎますから、あくまで何か急激に体調に変化が生じていないか?を知る目安としてチェックする程度にとどめましょう。

ちなみに理想体重という目安があり、参考値としてご紹介します。

       身長  平均的な女性  平均的な男性
      150cm   43〜50kg    48〜55kg
      155cm   45〜53kg    51〜58kg
      160cm   48〜55kg    54〜61kg
      165cm   50〜59kg    57〜64kg
      170cm   54〜63kg    60〜68kg
      175cm   57〜67kg    64〜72kg
      180cm   61〜70kg    68〜76kg

あなたには平均値を目指して貰う訳ではありません。あなたにとって理想のコンディションを得られるダイエットをして欲しいのです。ですから、あくまで「平均的に見るとこんなもんなのね…」と「相場」を知っておく程度にとどめておいてください。


次に、健康診断などでお馴染みになった「BMI」と「体脂肪率」はひと手間「計算」や「ツール」が必要になりますが、これも毎日チェックできる目安として使えます。

「BMI」は体重と身長の比率で、”健康的な体重”と”不健康な体重”とを分類するのに使います。

  BMI(BODY MASS INDEX)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
  肥満:BMI=25以上 (標準=22)
 
ちなみに、BMI=18.5〜24.9が”普通”または”健康”な体重としての目安になります(絶対的なものではありません)。

簡単に示すと、
   BMI     体重の分類
 18.5未満    痩せすぎ
 18.5〜24.9    普通
 25.0以上    太りすぎ
 30.0以上     肥満
という目安が定義されています。

ここで注意して欲しいのは、BMIは身体の組織(筋肉、骨格、脂肪など)について十分に考慮されたものではありません。例えば、骨格がしっかりしていて、筋肉が発達している人の場合は、BMIが30以上あっても、体脂肪が極めて少ないことが少なくありません。一方で、全く運動をしない人の場合は、健康的な体重であっても、体脂肪が多すぎることが少なくありません。

もちろん、子供さんやティーンエイジャーのような成長期の方、妊娠している方、骨格がガッシリした方、きゃしゃな方、筋肉質な方達も、「絶対的な値」として意識する意味はありません。

あくまで、ダイエットを始めた初期状態からどのように推移しているかを相対的に比較するのに用いるようにしましょう。


「体脂肪率」ですが、これは「体脂肪率測定機能付き体重計」を使用しないとチェックできません。

最近販売されている体重計の多くは標準で装備していますので、買い換えても良いでしょう。

ただ、測定誤差が非常に多いことも知られています。それは、汗のかき具合や体調、周囲環境の影響などで大きく変動してしまうからです。経験されている方ならご存知だと思いますが、一日の中でも大きく変動します。

少なくとも毎日同じ時間帯に、近似した条件(食事前に計る、風呂上りに計る、同じ場所で計る、等々の自分なりの同一条件)を決めて測定すると良いでしょう。

あくまで毎日の推移と極端に違った変化が生じていないか?1ヶ月単位でどのように変化したかといった目安として利用しましょう。

ちなみに、男性の場合は25%以上、女性の場合は30%以上が太りすぎという目安になります。そして、標準目標として男性:15%、女性:20%と定義されています。


最後に「メタボリック指標」について。

「内臓脂肪症候群」とも呼ばれる「メタボリックシンドローム」のアラームサインとして、
「ウェストサイズ(臍を通るように計ること)」、「血圧」、「血糖値」、「中性脂肪値」、「HDLコレステロール値)」が目安になります。

ただ、「ウェストサイズ(臍を通るように計ること)」、「血圧」以外は、一般的には血液検査でしか調べられません。また「血圧」もまだあまり一般家庭には普及していないでしょうから、余裕があれば購入して活用するという位置付けになるでしょう。

ウェストサイズについては、普段着用している衣類で違いが分かるはずです。

久しぶりに着た服が「着れなくなった」、「ぶかぶかになった」といった体験をされたことがあると思います。

ティーンエイジャーのように成長期には、体型が変化していく(成長していく)のが当たり前。

ですから、これも目安です。

1ヶ月ごとにメジャーで測って記録する程度で充分でしょう。あくまで極端な変化が生じていないかを知る目安としてです。


ところで話が変わりますが、食糧難の地域の人々の体型をテレビでご覧になったことがあると思います。

人間の身体は常に生命維持のための自己調整を続けています。

栄養失調になると人間の身体は、痩せるのではなく、人体にとって大切な部分に栄養を集中的に集めてある種の肥満体型を作り出そうとします。

そう、栄養失調の子ども達のお腹が膨れている映像はまさにそういう状態を映し出しているわけです。


ここまで、ダイエット効果を把握するための「ダイエット指標」について大雑把に整理してきました。

ですが、決して勘違いしないで欲しいのは必ずしも

  「理想数値になった」=「理想のコンディションになった」

と言えないということです。

あくまで指標を「ダイエット中に異常が起きていないか?」という目安として見ること、その上で、体調はどうかな?目標値に到達できたかな?そのまま維持しているかな?という目安として見るように心がけて欲しいと思います。

そして、あなただけの「ダイエットという日常習慣(良いクセ)」を保ち続けて行って欲しいと思います。

では■サイト メニュー■から、人気TOP10のダイエット方法の効果を見て行くことにしましょう。



ダイエット >> トップページへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103775750
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

痩身に関する書籍選びに♪


エコバッグ
エルメス
ネックレス
簡単ダイエット
ダイエット・レシピ
レーシック失敗
失敗 レーシック
節約通販
2ショット チャット
通販節約
節約通販ブログ
節約通販卸値
中古 ブランド品(アウトレット)
コスメ 簡単
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。