ダイエット(減量)成功を目指して!


最新ダイエット人気blogランキング




ダイエット 肥満関連をはじめ、様々な計算ができるサイト



たまたま仕事で見つけたサイトです。

数値計算の参考に・・・と調べていたところ、カシオ計算機が運営するサイト「keisan」を見つけました。

これがなかなか面白い。

本格的な学術計算はもとより、洒落の利いた計算や、肥満関連の健康に関わる計算など計算機の「カシオ」らしい面白い計算ツールがふんだんに用意されています。

WEB上で入力するとすぐ計算してくれるのが手軽。

タバコを毎日何本吸っているか?から「寿命」を算出してくれたり(笑、「隠れ肥満」度を計算してくれたり。

タバコはもとより、この、「隠れ肥満」は意外と怖いもの。

BMIだけで「肥満!」、「まだまだ平気!」なんて会話をしていても、当然ながら「身長」と「体重」だけで健康状態など判るわけがありません。

BMIも「隠れ肥満」もあくまで目安ですが、両方を知っておくと、今の自分のリスク度合いがより判りやすくなります。

計算なんて嫌い、そんな数字知りたくも無い、と言う方にはおススメしませんが、家族と一日でも長く楽しく暮らしたいと思う方には、ちょっとした空き時間に「keisan」にアクセスしてみて欲しいな・・・と思います。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 脂肪分解を強力にサポートするサプリメントが大手企業から登場



日清オイリオグループが健康サプリメント「メタセーブ」を通信販売「限定」で発売開始しました。

メタセーブには脂質代謝効果の高いCLA(共役リノール酸)を1粒に225mg配合。

ソフトカプセルを1日6〜9粒摂取するサプリメントになっています。

CLA(共役リノール酸)は、べに花油に含まれるリノール酸を酵素で変形させた成分。

牛乳やチーズなどの乳製品にも含まれています。

ただ、体内ではほとんど合成できません。

摂取すると通常の食用油と同じく小腸で吸収されますが、肝臓、筋肉、脂肪細胞で脂肪を燃焼する作用があります。

脂肪分解酵素を活性化して脂肪を「燃えやすく」するほか、脂肪細胞内へ余分な脂肪を取り込む酵素の働きを阻害して脂肪の「蓄積」を抑えるメカニズム。

この他にも今後、肥満への意識の高い50代以上のアクティブシニア世代向けに、健康サプリメントをリリースしていく計画だそうです。

これまで大手がなかなか参入して来なかった先端サプリメント開発に、いよいよ新しい展開が見られそうです。

ただ、なぜ大手が通販「限定」方式を採用しているのか・・・。

ここが、日本国内でのサプリメント「不信」認識に影響されているとすれば、法的整備を急ぐ必要があると思いますね。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 世界第2位の「糖尿病大国」にランク・アップ



中国です。

上海で行われた第2回アジア太平洋地区育成会議(米国糖尿病学会主催)で、中華医学会から中国の糖尿病の増加傾向が報告されました。

最近の調査では、中国の生活レベルが向上したことを原因として、都市部の糖尿病の発病者数が急速に増加。

特に男性が多く、30歳から60歳の間で発病する確率が急激に高くなっているそうです。

ちなみに、現在、糖尿病患者数1位はインドで、中国は世界第2位となったそうです。

このままだと、2050年には5930万人に膨れ上がるだろうと予測されています。

もともと人口が多い国ではありますが、逆にこれまで患者数が少なかったわけです。

インド、中国ともに今後も増加傾向だとすると、大変な数の患者数になるのは明らか。

中国ではさらに調査を続けていて、新しい報告からは、北京の小中学生の3%が糖尿病予備軍になっていることも明らかになってきました。

いわゆる境界型糖尿病と診断された小中学生のことで、実際に、児童や青少年の糖尿病罹患率が高まる傾向にあるそうです。

基本的に、糖尿病予防のため、大人は週に5日、1日あたりに30分以上のサイクリングやジョギング、ダンスなどのダイエット運動を行わなう必要がある、5歳以上の人は低脂肪食品を食べるよう心がけた方が良い、と提言しているそうですが・・・。

日本でも、潤沢となった食生活を簡素に戻すことは至難の業。

今、まさに新しい味を覚えた中国、インドの人々にとっては、本当の糖尿病の恐ろしさを身をもって体感しなければ、改善は難しいことになるのでしょうか。

私たち日本人も、何らかのヒントを一日でも早く見出していかなければ他人事では無いと思います。






ダイエット >> トップページへ

ダイエット


ダイエット 減量に役立つ良質な睡眠とは



1)寝つくのに30分以上かかる

2)夜中に3回以上起きる

3)起きようと思った時間より30分以上早く目が覚める

この3点に当てはまる場合は、睡眠に問題がある可能性が高いそうです。

もちろん、ナポレオンのようなケースも知られています。

ただ、上記1)〜3)に該当して、なおかつ体調不良を感じている方は、睡眠の専門医に相談する必要があるようです。

ちなみに、日本睡眠学会のホームページに認定医が掲載されています。

良質な睡眠をとるなら「睡眠薬」を使えば良い・・・。

患者さんも、一般の内科医もほとんどが睡眠薬を最初に思いつくそうです。

ですが、「睡眠薬」は最終兵器であって、長期間にわたって継続的に、大量に飲むと効かなくなってしまう危険性を伴っています。

だから、眠れない原因を特定することを最優先に行わなければいけません。

そのために、睡眠の専門医の診断を一度は受けておくことをおススメします。

1)原因特定と2)処置、そして3)睡眠薬の服用の「3つ」を同時にバランスよく行うことが、極めて重要。

一般的なサラリーマンの方の場合、夜0時に寝付ける睡眠が理想的で良質な睡眠を取っているかどうかのバロメーターになるそうです。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 良質な睡眠は減量効果を高める



いきなりですが・・・。

(間違い) 寝ている時間=休息している

(正解) 寝ている時間=体内でホルモンが忙しく働き、体を修復している

こと、自覚していますか?

 深い睡眠は体のメンテナンスを行う時間、浅い睡眠は心のメンテナンスを行う時間として体内活動が進んでいます。

 このことは、「良質な睡眠を取れば寝ているだけでもダイエットになる」ことに繋がると指摘されています。

 簡単な例で言うと、昼間に紫外線を浴びても、良質な睡眠をれば壊れた細胞が元に戻ります。

 これは寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されるため。

 ストレス・ホルモンと言われるコルチゾールは、体内に蓄積された脂肪を燃やすことが知られています。

 このコルチゾールも寝ている間に大量に分泌されます。

 ところが夜遅く食事をすると、「燃やす予定のエネルギー」が脂肪に変わってしまう。

 不眠で悩む人が多いストレス社会。

 ストレスが食に走らせる、運動不足を加速すると言われていますが、不眠も引き起こし、さらに脂肪燃焼の機会を減らしてしまうという悪循環に陥っているわけです。

 面白い実験結果があります。

 眠れる時間を年齢ごとに計った実験で、平均的に、2歳は1日12時間くらい眠れる。20歳は8時間、70歳は6時間と言う結果でした。

 睡眠には、夢をみる「レム睡眠」とほとんど夢をみない「ノンレム睡眠」があることは良く知られています。

 深い睡眠は「ノンレム睡眠」中で、この時に成長ホルモンが多く分泌されます。

 「寝る子は育つ」と言われますが、子供は「深い睡眠」の時間が非常に長い。

 だから成長ホルモンがたくさん出ることになり、諺どおりの結果が確認できたそうです。

 一方、年齢が増えると体が本当に眠ることが出来る睡眠時間は短くなる。

 横になっているだけで、実際には睡眠時間として機能していない時間が増えていくのだそうです。

 寝る前にお酒を呑んで寝る。

 これは、ぐっすり眠ったように感じていても、体内は眠ったと感じていない。

 結局、寝ている間の身体活動を阻害しているだけと言うことになるそうです。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット ダイエット・ハイサワーで選手権を開催



「割るならハイサワー♪」のTVCMでおなじみの博水社。

 今回、新しく「ダイエットハイサワー レモン」360mlボトルが発売されます。

 1本で約2杯分のサワーが作れる飲みきりサイズの新ボトルで、従来の1/3になった「低カロリー」ハイサワーが楽しめるという製品。

 じつはこの新ボトルの発売を記念して、面白CMを投稿してもらうイベントが開催されています。

 動画コミュニティサイト「zoome(ズーミー)」にて、2009年1月18日までの募集期間で開催中。

 『ハイサワー』、『ダイエットハイサワー』『ハイサワーハイッピー』いずれかの商品の実物を使用して、面白い動画作品を投稿するだけです。

 細かな制約もほとんど無く、手軽に応募できる面白い企画。

 最優秀賞 30万円から始まり、多くの賞が用意されています。

 放っておくとついつい食べたり飲んだりする時間を、動画作成に割り当てて、ついでに減量効果を高めるのも楽しいかもしれません。

 思いついたら次々投稿と、ちょっとだけ時間を割り当ててみるのも楽しいと思います。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット フィギュアロビクスのチョン・ダヨンさん



 「ビリーズ・ブートキャンプ」でもだめなら、「フィギュアロビクス」にチャレンジしてみては?

 ダイエットでは、

 1)摂取カロリーのコントロールと、

 2)蓄積されてしまったカロリーを消費する、

の2つを同時に、継続的に行うことがもっとも高い効果を生みます。

 「ビリーズ・ブートキャンプ」では激しく楽しいエクササイズで2)を実践するものでしたが、ハードすぎる点で挫折された方も多かったと評価されています。

 挫折さえしなければかなり高い成果を上げたことも事実で、この点を「フィギュアロビクス」がさらに改善したという事になります。

 ハードでは無いけれど、幅広い年齢の方に健康的な負荷を与えられるエクササイズとして組み立てられていて、さらに継続しやすいプログラムになっています。

 韓国発の「フィギュアロビクス」は、2児のママで42歳のチョン・ダヨンさんがまとめたものです。

 161cm、49kgと、グラビアアイドル顔負けのボディを手に入れたチョン・ダヨンさん。

 「とにかく簡単にできるように作りました。ストレス解消にも役立ちます。最初から無理せず、楽しんでやって欲しい。」と話しています。

 結婚前は、インテリアデザイナーだったチョン・ダヨンさん。

 結婚後の極度の体重増加が原因でうつ病のような状態にまで陥った経験を持っています。

 しかも、肥満で腰痛を引き起こして病院通いを始める始末。

 この時に、医師のすすめでスポーツジム通いを始め、3ヶ月で驚くほどの変化を遂げます。

 インターネット新聞に自分が実践したダイエット方法を投稿したことがきっかけで、一躍注目を集め「モムチャン(韓国語で最高の身体や肉体美を意味する)」という造語まで誕生しました。

 驚くのは、2006年に韓国の高校の教科書で2ページにわたって紹介されたこと。

 また、テレビなどメディアを通じて、ダイエットトレーナーとして多くの悩めるダイエッターを救ったことでも人気を高めていきました。

 2007年1月に初来日。

 「フィギュアロビクス」のプロローグとして「DVD付モムチャンダイエット(講談社)」を刊行しています。

 今後は日本でも活動を行う機会が増えると期待されています。

 悩めるダイエッターは「フィギュアロビクス」で基礎を養っておくことも大切かもしれません。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 韓国から来たフィギュアロビクス



 ここのところ耳にする機会が多くなった「フィギュアロビクス(FIGUREROBICS)」。

 韓国でブレイクしたダイエット法です。

 韓国で「カリスマダイエット主婦」と呼ばれるチョン・ダヨンさんが実践、紹介しているもの。

 2008年11月にいよいよ日本上陸となりました。

 2007年に日本でもブレイクした「ビリーズ・ブートキャンプ」同様に「エクササイズ・プログラム」としてまとめられています。

 4枚組のDVDが用意されていて、「有酸素」、「筋トレ」、「ダンス」、「マット」の4つのプログラムとして構成されています。

 1プログラムあたり約30分と、「一定時間の運動で自発的発汗」を促す「ダイエット運動の基本」をしっかり実践できる内容です。

 腹部と腰周りのエクササイズを中心としていて、「動きが簡単で続けやすく、負荷もしっかりかかる」のが特徴。

 老若男女誰でも気軽に始められることが、韓国で広まった大きな理由です。

 また、これまでも無理なく出来る多くのエクササイズが提案されていますが、フィギュアロビクスでは更に「健康で美しいボディ、しなやかでメリハリのあるセクシーなボディづくり」を目的として構成されています。

 4つのプログラムの中から好きに始めて良いのも手軽さになっています。

 各プログラムが有酸素運動と筋力トレーニングをミックスしており、休憩代わりにインターバルとしてブリッジで呼吸を整えるなど常に身体を動かしながら進んで行きます。

 このインターバルで筋肉を意識しながら呼吸を整えていく過程が効果を生むとのこと。

 また、オリジナル・ダンベルもセットになっているのですが、これも従来から高い効果を持つと言われています。

 無駄なカロリーを大量消費できる筋肉を増やすわけです。

 基本的に、従来のエクササイズを踏襲しているわけですが、「手軽に」、「健康的に」、そして「ボディラインを整える」点に効果を高める構成に再構築している点が特徴的と言って良いでしょう。

 これでもか・・・と言うほど、ますます手軽さを増してくれたのですから、あとはユーザーが継続的に実行するだけです。

 どんなに効果的であっても、実行無くして結果は得られませんからね。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 牛肉を見直せ!



牛肉は他の肉に比べて割高で、脂肪分をためやすい・・・と敬遠する傾向があるのは確かです。

私自身も牛肉よりも豚肉、鶏肉を積極的にとるように意識しています。

ただ、絶対に食べてはいかん!というものではないことも理解しているつもりです。

牛肉には脂肪の燃焼に不可欠な成分や貧血解消に重要な鉄分が多く含まれています。

要は、バランスと、過剰摂取の防止が大切と言うことです。

ただ、BSE(牛海綿状脳症Bovine Spongiform Encephalopathy)騒ぎもありましたから、別の意味で避けている点もあります。

ちなみに私、献血できないんです(笑。

ちょうどやばいとされる時期に英国に居たもので。

もちろん、何も症状はありませんよ(笑。

献血の基準で、除外期間になっちゃってるだけです。

それはさておき、先日読んだ話では「80年代から『牛肉は脂肪が多い』と悪者のように言われ続けてきた−」そうです。

ダイエットで脂肪を控えるために肉を避けると、かえって脂肪は減りません。

また、鉄欠乏性貧血を防止する効果が高いので、適量を摂取することは必要です。

一説によると、女子学生の50%以上が鉄欠乏性貧血だそうで、サプリメントより牛肉のほうが効率的だという報告もあります。

また、精神安定に役立つことも覚えておきましょう。

不安や不眠、衝動的行動などが起きやすいと自覚している方は、牛肉の比率を少し増やして様子を見ることも良いそうです。

もちろん酷い症状の場合は、速病院へ行くべきですが。

最後に、最近ちょっとした目安として参考になる話を聞きました。

1日で2000キロカロリーを取る場合、野菜400グラムと、魚介類、肉類、魚類、豆類などのたんぱく源300グラム前後でバランスさせるのが良いそうです。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 針治療で体重66.5kg減



漢方医学や針灸治療。

中国の医術の奥深さは、これからどんどん私たちの身近になっていくでしょう。

それほど、西洋医術と呼ばれる近代医療からも注目されているんです。

最近、中国で1年間の鍼治療により、66.5kgの減量に成功した例が報じられました。

まあ、もともと「中国一の肥満」と呼ばれていた方なのだそうです。

ただ、大きなお腹にたくさんの鍼を打ち、新陳代謝をよくする「つぼ」を刺激して、1年間の期間をじっくりかけて、減量に成功したということだそうです。

これは凄い方法ですよね。

針灸治療は身体がもともと備えている機能を積極的に活かす方法。

本サイトでも先に「つぼ刺激ダイエットで事故のリスク」があることを紹介していますが、逆を言えばそれほど効果が期待できる治療と言うことです。

もちろん、寝て針を打っておくだけで済むわけではありません。

新陳代謝を高めておいて、運動、カロリーコントロールも併用する必要があります。

ただ、上手な組み合わせによって、健康的な減量を確実に実現できる可能性はまだまだ広く期待できそうです。

ついでに。

話は逸れますが、針治療で神経を「切ってしまい」、筋肉活動を失わせて足を細くする治療法が話題になっているようです。

普段の生活では使わない筋肉だから・・・と言うのが、その担当医師の弁でしたが、本当に不要な機能が人間の身体にあるのでしょうか?

現在、波紋を呼んでいる治療法ですが、症例が増えているのも事実。

ただ、もう少し冷静に事態の進展を見届けておくべきではないかと、私個人としては考えているところです。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 朝バナナダイエットが中国でも大旋風



日本では「極端な」にわか朝バナナ信仰者が、約2ヶ月ほど大騒ぎを起こしてくれました。

バナナが店頭から消えてしまうような事態も続いたわけで・・・。

ようやく最近、落ち着いてバナナが購入出来るようになりました(笑。

私自身はフルーツをカロリーコントロールに活かすのは有効だと思います。

ただし、モノには限度と言うものがあることも冷静に判断して欲しいと思っています。

この朝バナナ旋風が中国でも吹き荒れているんだそうです。

日本と同様に、朝ご飯を「常温の水とバナナにするだけ」というお手軽情報として伝わったのが原因のようで、日本同様に有識者が警鐘を鳴らす事態を招いているとのこと。

1)バナナに大量に含まれているマグネシウムが、空腹時に大量摂取することで血中濃度を高めてしまい心臓血管に負担を与える可能性がある。

2)バナナに含まれている糖分や食物繊維は整腸作用を持つ一方で、空腹時に食べ過ぎると胃酸の分泌を抑制してしまい「消化不良」を引き起こす。

もう、日本では広く知られたリスクです。

摂取過多に正しい効果が期待できる訳が無いことは、私たちが日頃の食べすぎでも嫌と言うほど知っているはずなんですけどね・・・。

冷静に実行しましょう、何事もね。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 健康志向のフルーツヨーグルトが大売れ



随分以前にブームを呼んだヨーグルトですが、再び脚光を浴び始めているそうです。

以前はカスピ海ヨーグルトが話題となりましたが、今回のポイントは「脂肪ゼロ」。

技術的な大きな課題をクリアできたことで、新商品が話題を集める可能性が出てきています。

ヨーグルトの脂肪分を抜くと、食感や味わいが酷く損なわれるという課題がありました。

これが、とうとう解決されたんですね。

ここ最近のメタボや健康志向の話題を追い風に、フルーツヨーグルトをベースに「脂肪分や糖分を抑えた」ヘルシーヨーグルトがコンスタントに売り上げを伸ばし始めているんです。

そこでメーカーは、脂肪ゼロのヨーグルト開発を急いだというわけ。

もちろん味わいが損なわれては身もふたも無いわけですが、ゼラチンやスターチ、特殊な乳原料などを配合して、「無脂肪なのに食感を維持」出来るようになりました。

ターゲットは20〜30代女性。

無糖のプレーンヨーグルトよりもさらに10キロカロリー程度も低カロリーに仕上げているそうです。

しかも、フルーツの甘み、果肉やナタデココなどの食感や食べ応えがある。

一般スーパーでも本格的に販売コーナーを設け始めているそうですから、食べ比べが楽しめるようになるのも近そうです。

でも、ヨーグルトしか食べて無い・・・なんて、無節操な摂取の仕方は大間違いですよ♪






ダイエット >> トップページへ


ダイエット アイス、ヨーグルトと「大豆原料」の健康製品が人気上昇中



大豆を独自製法で加工した新製品が相次いで登場し、人気を集めていますね。

大豆製品と言えば、これまでは「豆乳」が代表選手でした。

それが最近では、アイスクリーム風、ヨーグルト風、栄養食品とジャンルを超えて幅が広がっています。

「健康に良い大豆」の効用を巧みにアピールして、味にも工夫を凝らし、ここ最近のダイエット・ブームに乗り遅れまいと躍起になっている感があります。

独自の豆乳濃縮、配合技術で乳製品や卵を使わずに「乳・卵アレルギーの人も安心して食べられる」といったアイスが市販されています。

週に1回以上アイスを食べる愛好家層をターゲットに、メタボリック症候群の防止意識もちらつかせながら販売促進を図っています。

大豆の老舗として誰もが知っている醤油。

ヨーグルト風食品を販売しているのはご存知ですよね。

独自の植物性乳酸菌を使い、じわじわとくせになるような「自然な酸味」を特徴にして、愛好家を増やす戦略のようです。コレステロールゼロ、カロリーを通常のヨーグルトの2割減にコントロールしているそうです。

バランス栄養食風の商品も大々的にCM展開されていますね。朝食や、おやつとしての位置づけで手頃感を打ち出しています。

今年度は200億円を見込む人気商品になっているそうです。

大豆が原料となっていることで、「健康食品の効能を前面に出した売り方を控える傾向」である昨今でも、古くからの経験と、自然由来であることが消費者にわかりやすい商品として受け入れられやすいのだろうと思います。

何せ、畑のお肉とまでいわれる大豆ですからね。

ただし、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」、「継続は力なり」。

大豆製品ばかり摂取すれば良いというわけではありません。

くれぐれも考え違いをしない消費者で居たいですね。

ちなみに、遺伝子組み換え(GM)作物として大豆が次のターゲットになっていることは確か。

米国では既に当たり前に出回っている商品ですが、まだまだ不透明な部分も多いのが実態。

コスト高のために、非GM大豆を諦めざるを得ない時期が近づいているということも覚えておく必要がありそうです。






ダイエット >> トップページへ

ダイエット


ダイエット 太らせて儲ける!



これもどうかなぁ・・・と言う気がしますが、人間の本能でしょう。

食生活が裕福になると、どうしても肥満が付きまとうようになります。

実は中国などでは、肥満人口が急速に増えているんです。

これをビジネスチャンスと捉えている事業者が手ぐすねを引いて待っているんですね。

ある調査によると、中国では13億人の人口のうち、既に約9000万人が健康基準の体重を20%オーバーしていると言う話まであるそうです。

肥満は様々な病気を引き起こす原因になるため、中国でも国を挙げて健康指針を示す事態になっているのは、本サイトでも既に紹介しています。

そして、個々人の主体的な節制に期待するだけではムリが多いことも自明。

そこで、ダイエット市場に期待が高まっているわけです。

関連企業の目論見では毎年100億元近くのビジネスチャンスがあると試算されているとか。

当然ながら、海外企業もこぞって参入していくのは目に見えていますよね。

しかし、中国の近代化政策と海外からの文化流入で「肥満人口」を増やしておいて、さらにそれを防止する商品を普及させようなんて・・・。

意図的ではないにしろ、個人にとって税金の取立てよりも切実な問題になるかもしれませんね。

日本もこれ以上「肥満者」を増やさないような価値観に一人ひとりがシフトしていかないと、いつまでたっても本当の幸福感は得られないような気がします。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 人気!PC用栄養計算ソフト



最近、栄養管理で問題になっているのは私たちだけではないんですね。

メディアでも良く取り上げられていますが、「ペット」の栄養管理が大きな問題になっています。

巨大な肥満犬、肥満ネコの映像はもはや微笑ましいものではありませんからね・・・。

そんな最近のご時勢に、犬専用栄養計算ソフト「ペロリン」が愛犬家から支持を得ているそうです。

これは、犬と猫のためのデリカテッセン&ホームメードビスケット製造販売「Kitchen Dog!(キッチンドッグ!)」を運営するダブルポーションが監修した犬専用栄養計算ソフト。

愛犬の健康を考えたごはん作りをサポートする犬専用の栄養計算・食事管理用PCソフトです。

主機能の「犬ごはん」では、オリジナルレシピ(60種類)・犬用食材(2,500点以上)の中からアイテムを選択してスケジュールにドラッグ&ドロップすると、愛犬の体重や食事回数などの基本情報からその犬に適した食事量を自動計算して、さらには、アレルギー食材のチェックまでも行ってくれる優れもの。

日・週・月単位で健康維持に必要なエネルギーや栄養素の充足率をレーダーチャートで表示することも可能なんです。

栄養価計算については、「Kitchen Dog!」のオリジナルレシピを提供。

最近は、ペットフードの原材料や製造工程に不安を感じる飼い主さんや、アレルギー、肝臓病、腎臓病といった特定疾患に悩む犬が増えているそうで、ペット用の「手づくりごはん」に関心が高まっているんだそうです。

これまでも、店頭や講習会などで食材の選び方や適応量、栄養面に関する質問を多く受けたことから、このソフトの開発に取り掛かったとか。

収録されているオリジナルレシピは、「Kitchen Dog!」で人気のヘルシーメニューを、写真付きでも紹介しています。

ちなみに、愛犬情報を5頭まで登録管理できるのも人気のポイントだそうです。

注射や投薬の予定などが記入できるスケジュール機能、画像取り込み可能の日記機能も搭載しており、ブログに活用する購入客も多いとか。

残念ながら優良ソフトで価格は16,800円。「Kitchen Dog!」ホームページで販売しています。

ペットと一緒に健康管理。

意外と張り合いが出て、お互いにダイエット効果が出やすいかもしれませんね。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット タレント坂本一生さんの20キロ減るダイエット方法



「朝バナナdiet」がひと段落したかな・・・と思ったら、今度はタレントの坂本一生さんが「diet法を公開する」と話題になっています。

2008年11月7日の坂本一生さんのブログで、自ら公開予告をしています。

ブログ上でのご本人の弁によると、4年前には体重が95キロもあったそうで、それが現在は75キロになったというもの。

「マイナス20キロ減らしたdiet法について 今度ブログに 書きたいと思います!」と、センセーショナルな公開予告をしています。

多くのブロガーも即座に反応していて、もしかすると、このdiet法が次のブームの火付け役になる可能性も有りそうです。

実際、どのようなdiet法かにもよると思いますが・・・。

http://ameblo.jp/sakamotoissei/entry-10161551646.html

で公開中されていますから、興味のある方は継続してウォッチすると良いかもしれません。

私は公開されてからじっくりチェックしようと思ってますけどね。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット こんな広告表示を見たら要注意!



広告を掲載する場合、「薬事法」と「景品表示法」を満足していないと不当表示にあたります。

私たちユーザーは、品質の良い商品、サービスで、なおかつ価格の安いものが欲しいと思うことが多いですよね。

まれに、高くないと買わないと言う方もおられますが・・・。

本来であればショップやメーカーは、ユーザーの期待に応えるために、商品・サービスの質を向上させたり、安く販売しようと努力します。

しかし、中には実際よりも良く見せかけたりする悪質な業者が存在することも皆さん良くご存知ですよね。

こんな不当表示や不当景品などを厳しく規制するために制定されたのが「景品表示法」です。

では、どんな場合に景品表示法違反にあたるんでしょう?


1)ダイエット食品「目指せ、スリムな私!」

≪体験者のコメント≫
いくら食べても太りません!今までと何も変わらない生活をしているのに、こんなに体重が減るとは、感動です!

こんな広告、インターネット上では毎日見かけますよね。

でも、体験者の話やアンケートを使って、「好きなだけ食べても痩せられる」かのように『消費者へ過度の期待を持たせるような表示をし、実証データも根拠もないもの』の場合は、不当表示とみなされるそうです。

「スチュワーデスに選ばれているNO.1ダイエット」などの表示、商品名「ウェイトダウン」すら、違反(優良誤認)と判断されるそうです。

2)「当社の健康アイテム、遠赤外線を放出します」

体内での変化、効果は表現していないので薬事法違反には該当しませんが、遠赤外線を放出する『根拠』がなければ景品表示法違反となるそうです。

急に広告が増えたり、しつこく勧誘された時に、広告表現を見て上記のような記述があったら、その商品は疑ってかかる方が安全でしょうね。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 遺伝子診断



人間の持つすべての遺伝子情報「ヒトゲノム」の解析が進み、さまざまな病気が遺伝子レベルで解明されるようになってきています。

これを活用して、遺伝子を調べることで病気の予防や治療に役立てる遺伝子診断は、画期的な医療として注目されています。

遺伝子診断は、血液や羊水から遺伝子を取り出して解析し、病気の診断や発病の予測に役立てる技術。

臨床への応用は、先天異常や単一遺伝子の変異による遺伝病を中心に行われてきたそうですが、がんや糖尿病のなりやすさや薬の副作用を予測する体質検査まで、広く行われるようになってきています。

中でも最近は、口中粘膜などを検査機関に送り体質を調べる検査があるそうです。

3つの遺伝子から肥満のなりやすさを調べるものが多いそうで、標準と異なる遺伝子を持つ人を「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」に分類して、体質に合ったダイエット方法をカウンセリングするのだそうです。

インターネットや郵便で申し込み、医療機関を通さないことから、「DTC(ダイレクト・トゥ・コンシューマー、消費者に直接提供)遺伝子検査」と呼ばれています。

誰でも、どこに住んでいても、簡単に遺伝子検査ができるのが特徴となりますが、「臨床遺伝専門医など十分な遺伝医学的知識のある専門家が関与すべき」とする見解が提示され物議を呼んでいるそうです。

「肥満や生活習慣病などに関係する遺伝子が見つかっている」とはいえ、これらの遺伝子を調べることが病気の予防や体質改善に役立つかどうかを科学的に示したデータは、実はまだ無いのだそうです。

はっきり言えば、有用性の評価はこれからということ。

そのため、現段階で上記のようなカウンセリングを商業ベースで行うのは詐欺と同じ!と警鐘を鳴らしているのだそうです。

もちろん新しい話題であるため、法的規制もありません。

今後は明らかに遺伝子検査を医学的に活用する時代になりますが、医療現場でも混沌としている現在、いきなり簡易なサービスが出て来ることは不自然だということです。

冷静かつ慎重にユーザーが見定めなければならない状況だとも言えます。

新しいものにはユーザー自らが学ぶ姿勢をしっかり持ちたいものです。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 朝バナナ最新情報!



あれほど話題になったのに(笑。

ブームで店舗からバナナが無くなる騒動が全国的に起こっていましたが、2か月ほどで大ブームは終焉を迎えたようです。

即完売ということ店もなくなって、会社帰りの時間帯でも心配なく購入できるほど落ち着いたようです。

TBS系のテレビで放映されたのを皮切りに、爆発的にブームになりましたが、効果と実態が判ってきたことで落ち着いたようです。

結局、「作られたブーム」という評価になったようですが、バナナ自体の効能は決して変わりません。

使い方次第で、優秀なダイエット食品として活かせます。

テレビのような極端な利用法はおススメできませんでしたが、栄養バランスを保ちながら低カロリーな食事をする上では非常に有効。

アスリートも古くから活用していますしね。

ちなみに今回の騒動で、輸入バナナの量が前年比25%増となったそうです。

「始めて1ヶ月経ちますが痩せません。痩せたと思ったら次の日は体重増えてたり」、「1ヶ月がたちましたが、体重は便秘の分増えています。ヨーグルトの世話になってます」といった問い合わせが多いそうです。

そもそも、こういう疑問を抱くこと自体が浅はか。

生活習慣を持続的に変えていくことが必要だということを、あらためて理解して欲しいなと思います。






ダイエット >> トップページへ


ダイエット 次は「漢方薬コーラ」!小児肥満に朗報



コーラってもともと健康飲料だったって知ってました?

コカの葉とコーラの実を混ぜて作った飲み物。

元々は頭痛薬だったんです。

ただ、コカの葉はコカインの成分が含まれているため1903年以降は使われていないと言われていますが。

さて、台湾のびっくりニュース。

もはや過剰なカロリーの王様、コーラの弊害を減らそうと、台湾で「漢方薬入りのコーラ」が開発されたそうです。

味をコーラそっくりに似せて、新陳代謝を高める効果を持たせたとか。

コーラが飲みたいのに太るから我慢している人々のために、台湾の医学界が研究発表したんですね。

「漢方薬無糖コーラ」と言うそうです。

しかもこの「漢方薬コーラ」は家庭で煎じて作ることができる・・・。

この「コーラ」には、身体にこもった熱をとる「菊花」やのどを潤す「陳皮」、視力をアップさせる「決明子(ケツメイシ)」、「サンザシ」、「地黄(ジオウ)」など10種類の漢方薬に、1200ccの水を加えて2時間煎じた後に常温に冷まして、フルーツ酢と少量の炭酸を加えて作ることが出来るそうです。

しかも、コーラそっくりの味になり、「おいしくて健康にも良い」と報告されたそうですが・・・。

すみません、私はチャレンジする気はありません(笑。

そもそも、炭酸飲料は呑まないことにしていますしね。

基本は水とお茶です。

試したい方は自己責任でお願いします。






ダイエット >> トップページへ


痩身に関する書籍選びに♪


エコバッグ
エルメス
ネックレス
簡単ダイエット
ダイエット・レシピ
レーシック失敗
失敗 レーシック
節約通販
2ショット チャット
通販節約
節約通販ブログ
節約通販卸値
中古 ブランド品(アウトレット)
コスメ 簡単
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。